• クレンジングの正しい選び方と使い方

    ファンデーションやマスカラなど、メイクアイテムにこだわりがある女性はたくさんいます。


    それと同じように、クレンジングにこだわることも大切です。

    どれが自分にピッタリなものか、それぞれの特徴を知ることで簡単に選ぶことができます。クレンジングは洗浄力が強い順に、シート、オイル、リキッド、ジェル、クリーム、ミルクのタイプがあります。どのタイプか選ぶポイントはメイクの濃さです。

    メイクが濃い場合は洗浄力が強いものを使う必要があります。

    弱いタイプを無理に使うと、無意識に肌をゴシゴシとこすってしまい、肌を傷つける可能性があります。
    反対に、メイクが薄いのに洗浄力が強いクレンジングを使用するのも、肌への負担に繋がります。

    知って大満足のクレンジングについての基礎知識と魅力をご説明しているサイトです。

    メイクの濃さはベースメイクを基準にして判断します。


    アイメイクや口紅を基準としてクレンジングを選ぶと、肌への負担が大きくなってしまいます。

    ナチュラルメイクだけどアイメイクが濃いという人は、ポイントメイクのリムーバーを使用するようにしましょう。
    クレンジングはベースメイクを落とすものと考えればOKです。



    どのタイプも使用する時は肌をこすらないようにするのがポイントです。


    手のひらではなく指先を使うように意識すれば、力の入り過ぎを防ぐことができます。すすぐ時は常温に近いぬるま湯を使うことで、刺激をおさえられます。
    冷たい水のほうが毛穴と肌が引き締まるような気がして良さそうですが、汚れを閉じ込めてしまう可能性もあるので、ぬるま湯を使うようにしましょう。